ABOUT HANABI

BIOGRAPHY

和楽器とElectronicMusicのCollaborationProject

2019年、作曲家である鈴木友彦のもと、日本伝統楽器を用いた新たな音楽が始まる。伝統楽器である箏を中心に、久松彩子の吉川由里子の二人の演奏家が世界に発信する日本の音楽に挑む。

和楽器に、オーケストラ・エスニック・ポップ・エレクトロ・テクノ等、古今東西の様々なジャンルの音楽を融合したオリジナル楽曲により、新たな視点での伝統楽器による日本の美の表現を目指している。

2019年、東京ドームにおける「世界らん展2019」でプロジェクションマッピングとのコラボレーション、2020年春に東京都「アートにエールを!」、秋には無観客公演「花美ノ宴」を開催。2021年には楽曲配信とCD発売予定。

When a traditional Japanese musical instruments meet the music of all ages, from all over the world, to include electronic music, a world of magnificent beauty explodes onto the scene like fireworks!

A project to express the beauty of Japan with Japanese instruments to form a new perspective by combining orchestral, ethnic,pop,electro,and techno music with Japanese instruments is about to begin.

S__44023833_edited.jpg